エクオールがお肌の曲がり角を乗り越える鍵【アンチエイジング】

エクオールがお肌の曲がり角を乗り越える鍵【アンチエイジング】

皆さんよく大豆イソフラボンを取るといいとはきますよね。女性ホルモンに似た作用がある事で有名です。

最近になって大豆イソフラボンから女性ホルモンににた作用のあるエクオールに変換ができる女性は半分以下でその殆どの人に女性ホルモン補助の効果がないことが知られてきました。

勿論エクオールを作れない体だからといって大豆製品を取ることに意味がない訳ではありません。大豆イソフラボンに含まれる抗酸化力、大豆に含まれるたんぱく質、アミノ酸など十分な栄養効果があります。

それでも女性ホルモンとしての機能を期待していた人には残念ですよね。

更年期を元気に乗り切りたい方、お肌の曲がり角に負けたくない方には「大豆イソフラボン」は効果的です。

女性のお肌は30代と40代にがっくりと曲がり角がくるといわれていて、それに大して「エクオール」が有効な事が分かってきました。

女性ホルモンの減少がお肌に影響してくるんですね。そんな時は女性ホルモンを上手にサポートすると老化を防ぐ事ができるといえます。

女性ホルモンが減少する事で起こりうる事

  • シワやしみ、たるみが増える
  • 弾力やハリがなくなる
  • 全体的に若々しさがなくなる
  • 骨が弱くなる事でコラーゲンが減少する

エクオールが作れない人とは?

大豆製品を摂取してエクオールが作れる人は食べればいいだけですが、作れない人はどうすればいいの?

対処法としては、まず大豆製品を毎日食べることです。統計では若い世代より年配の世代の方がエクオールを作れる人が多いんです、その理由は大豆製品をよく食べるからだといわれています。

エクオールを作れる体とは?

腸内環境が整っていて善玉菌が住みやすい腸だといわれています。大豆製品をよく食べ善玉菌を増やしましょう。

【おすすめの食材】

納豆、豆腐、きなこ、豆乳

簡単にエクオールを摂取できる

「エクオール」をサプリメントとして摂取すればエクオールに変換する事ができない体でも手軽に取ることが可能です。
エクオールのサプリメントは緩やかに女性ホルモンをサポートしますので副作用の心配はないです。

まとめ

「エクオール」を有効に活用して若々しい美肌を維持しましょう!もうお肌の曲がり角をとっくに越えてしまったと諦めている方も是非諦めないでください。

女性ホルモンが活性化することでシワなどが改善した例が沢山あります。

エクオールを上手に活性化し若々しく過ごしていきたいですね!

(文/美容ライターJ)

エイジングケアカテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述