こわ~い「糖化」を抑制する食事スタイル【アンチエイジング】

こわ~い「糖化」を抑制する食事スタイル【アンチエイジング】

昨今「糖化」が健康や美容、アンチエイジングの敵である事は広く知られるようになりました。糖化が及ぼす影響は本当に怖く…老化を進め、動脈硬化、心臓疾患、心筋梗塞、脳梗塞、白内障、骨粗しょう症、アルツハイマー等の認知症、しみシワたるみ、くすみ等の原因と言われています。

そんな中でちょっとした事で糖化を避けることはできないかな?と思い、調べてみたところ簡単に工夫できることが見つかったので是非紹介したいと思います!

早食いやダラダラ食いをしない

(C)歩夢さん

血糖値を上げてしまうので、食事の際はよく噛み、食事にもメリハリをつけましょう。よく噛むことで血糖値を上げにくくするだけでなく食べ過ぎの防止にも繋がります。

なるべく野菜を多めに取ろう

野菜の食物繊維が血糖値を穏やかにしてくれて、AGEs(糖化の原因物質)を抑制する作用があります。きのこ類もおすすめです。

食事の際には「野菜ファースト」を心がけ、野菜から食べることで糖化を予防できます。オードリー・ヘップバーンもこの食事スタイルだった事が有名です。

お茶で抗糖化

緑茶やウーロン茶に含まれるポリフェノールがAGEsを抑制します。お茶をよく方に健康長寿な方が多いのも頷けますね。

おやつの際にカカオが70%以上含まれるチョコレートを食べるのもカカオポリフェノールの強力な抗酸化、抗糖化作用が期待できる為おすすめです。

食前に豆乳がおすすめ

豆乳には血糖値を下げる作用がある為、豆乳を食事の前に飲むのがおすすめです。ヨーグルト等でも大丈夫です。

まとめ

以上、食事の際に気をつけて健やかな美を保ちたいですね。

【おすすめ記事】

(文/美容ライターJ)

エイジングケアカテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述