エラスチンの効果・若々しい肌の維持にはエラスチン【アンチエイジングの鍵】

エラスチンの効果・若々しい肌の維持にはエラスチン【アンチエイジングの鍵】

エラスチンとは?

「エラスチン」とは、コラーゲンに比べるとメジャーではないかもしれないですが、コラーゲンを支える弾力繊維で、お肌にとっては「ハリ」「肌の弾力」を形成する繊維です。お肌のほかには血管や靭帯に多く含まれています。
コラーゲン同士を繋げる役目をする事から近年注目されるようになり、関連サプリや化粧品も発売されています。今まではどうしてもコラーゲンに注目が集まる事が多かったのはその割合の多さお肌の組織上の70%を占めるため大事なものとみなされてきたという事があります。ですがそのコラーゲンを支えるエラスチンがあってこっそ肌を持ち上げられる訳です。

エラスチンの割合はわずか3~4%と少ないですが、大変重要な役割をしています。

ですが残念な事にエラスチンは20歳をピークに40歳ではほぼ0になってしまうと言われています。このエラスチンを守る事、増やす事が肌の若々しさを作るうえで重要になってくる訳ですね。

エラスチンを摂取しても意味が無い?

食材ですと牛すじ、もつ、鶏皮などに多く含まれるエラスチンですが、通常食事で摂取してもアミノ酸になるだけで、お肌のエラスチンが増える訳ではないと言われています。

摂取するなら「エラスチンサプリメント」がおすすめ

小分子化されているエラスチンサプリの摂取はシワやたるみの効果があると実験結果が発表されています。エラスチンはそもそも分子が大きいので吸収されやすく加工されているサプリでの摂取が効率的といえます。

おすすめサプリ

エラスチンは減らさないことが大切!

エラスチンが減ってしまう主な原因は「紫外線」による光老化です。紫外線から肌を守る事はエラスチンを保つ上でも必須です。

一年中の紫外線対策が大切です。

抗酸化物質がエラスチンやコラーゲンを守る!

ビタミンC、CoQ10、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノールなど抗酸化力の強い物質はエラスチンを保護するといわれています。沢山摂取しましょう。

繊維芽細胞を活性化させよう!

コラーゲンやエラスチンを作る工場のようなものが繊維芽細胞といわれるものです。これが衰えてしまうとこらー減等が作られなくなりシワなどの原因になります。これを活性化させるのに一番大切なのがオメガ3を摂取す事です。魚の油に多く含まれています。

いわし、さば、鮭などえごま油や亜麻仁油も多く含まれています。

まとめ

エラスチンを上手に活性化し若々しい肌を保っていきたいですね!エラスチンを摂取する時はビタミンCやコラーゲンペプチドも一緒に摂取するようにしましょう。相乗で効果が上がります。

(文/美容ライターJ)

エイジングケアエイジングケア

エイジングケアカテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述