肌悩み卒業!自ら潤う力を育てる「乳酸菌コスメ」で美肌菌活!

肌悩み卒業!自ら潤う力を育てる「乳酸菌コスメ」で美肌菌活!

肌悩み卒業!自ら潤う力を育てる「乳酸菌コスメ」で美肌菌活!

今、SNSやメディア、雑誌でも話題の「乳酸菌コスメ」。ビフィズス菌などの乳酸菌が腸に良い事は知っているけど、いったいどんな効果があるのか、今回はまとめてみたいと思いうます!

芸能界やセレブの間でも「乳酸菌コスメ」は大人気!既に美容大国・韓国でも大ブーム。美容家のIKKOさんも取り入れていることで知られています♪

乳酸菌コスメの効果とは!?

毎日ちゃんとスキンケアしているのに、すぐ乾燥してしまう、くすみやしわが気になる、ニキビができやすい、何かお肌の調子が悪い等―――。

実はその悩みの原因は「美肌菌」の不足によるものかもしれません。

美肌菌とはお肌の角質層に存在する表皮ブドウ球菌の事で、お肌の角質層を潤すグリセリンを自ら分泌し、美肌を守る為に働いてくれるありがたい菌なんです!

ですが、洗顔などで美肌菌は簡単に減ってしまいます。

美肌菌が減ってしまうと、どんなに保湿をしても乾燥しやすくなり、肌トラブルを招きやすくなる原因にも……

そこで大切なのが、美肌菌を増やすこと!

なぜ、肌に乳酸菌がいいの?

ヒトの皮膚には1兆匹以上の皮膚常在菌が住んでいます。中でも”表皮ブドウ球菌”は、肌のうるおいや健やかさを保つために欠かせない「美肌菌」の栄養になるんです。
この「美肌菌」を育てることで、肌フローラを整え、うるおいの元であるグリセリンを作り出し、肌本来の力ら引き出す・自ら潤う力を育てることに繋がるんです!

「美肌菌を育てることは、若々しく健康的な美肌を作る近道です。

大切なのは美肌フローラ

メディアや業界でも話題!

美肌菌(表皮ブドウ球菌)に美肌効果があることが解明されており、美肌菌を増やすことで、肌のうるおいアップが実証されています。

従来の保湿だけのスキンケア
表面からうるおいを与えます。肌の内部までは届かないため、時間が経つと乾燥してしまいます。

◆乳酸菌を使っコスメによるスキンケア
美肌菌がうるおいの元をつくりだし、内側からうるおいを与えます。美肌菌が活動することで、うるおった状態をキープできます。

そこでオススメの「乳酸菌ローション」

鈴木ハーブ研究所 / 乳酸菌ローション 

◆こんな方におすすめ!◆
・くりかえす乾燥肌に悩んでいる
・年齢とともに肌に元気がない
・お肌が敏感な方
・ニキビができやすい
・自分に合う化粧品が見つからない

「乳酸菌ローション」とは?
“お肌の美肌菌”を育てて、キレイになる。
業界初!乳酸菌が4,000億個入った、美肌菌スキンケア。
乳酸菌の働きで肌の美肌菌を育て、自らうるおいをつくりだす。
こんなのなかった!まったく新しい化粧水です。

優秀な保湿成分もたっぷり!セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロースなど。洗顔後はこれ1本で完了の時短オールインワンケアが叶います!

メディアでも話題!】
アメリカの通販コスメサイト「Selectier」:USAセールスランキング第1位を獲得
ファッション雑誌「SPRING」2018年11月号:究極シンプルケア部門第1位を獲得
ファッション雑誌「mini」2018年11月号:スキンケア部門第1位「超絶すっぴん美肌大賞」を獲得

スキンケアスキンケア

その他の話題「乳酸菌コスメ」

ELPIDA(エルピダ) / セリアジェルクリーム

世界初!医療美容業界注目【美肌菌高濃度配合!完全オーダーメイド化粧品】

ヤクルト / ラクトデュウ S.E.ローション

ラクトデュウは、乳酸菌のチカラに着目し、みずみずしくうるおいのあるお肌をたもち続けたいと願う方のために生まれた保湿基礎化粧品です。
ヤクルトの乳酸菌研究から生まれた「乳酸菌はっ酵エキス」と「HBヒアルロン酸(持続型)」を配合し、キメのととのったすこやかなお肌に導きます。

ヤクルト / ラクトデュウ S.E.ミルク

DHC / ウルミニスタ アクアデイクリーム(化粧下地)

「肌にも乳酸菌」をコンセプトに透明感×ツヤ肌を叶えるDHC新ブランドULUMiNISTA(ウルミニスタ)。

潤肌フローラ成分(乳酸菌)、NMFの構成成分である保水アミノ酸、ビタミンBに加え、ヒアルロン酸などのDHCオリジナルの美容保湿成分を配合。
スキンケア・化粧下地・ UVカット・トーンアップ・カラーコントロール効果が1つになった多機能日中用クリームです。肌にのばすとパウダー状に変化し、毛穴・くすみをカバーしながら、紫外線対策や乾燥から守ります。
SPF31 PA+++。フルーティブーケの香り。

最後に

お肌にも積極的に取り入れたい”乳酸菌”
日頃のお手入れや、メイクなど、取り入れやすいものから始めてみるのがお勧めです!

「10年後も輝くエイジレスなお肌を目指して。」

乾燥しやすいシーズンをのりきっていきましょう!

(文・美容ライターJ)

スキンケアカテゴリの最新記事