飲む日焼け止めは効果なし!?【広告の噓】

飲む日焼け止めは効果なし!?【広告の噓】

紫外線を気にする人が増えている昨今、塗るタイプの日焼け止めだけでは心配!塗り直す時間がない!塗りむらなど…ちゃんと紫外線をブロックできている自信がない!という方も多いかと思います。そんな美意識が高い皆さんの中には飲む日焼け止めに興味のある方も多いのではないでしょうか?当サイトでも飲む日焼け止めについて記事にした事もありますが、

とにかく種類が多過ぎて分からない、そもそも効果あるの?といった疑問も多いと思いますので、今回分かり易くお話したいと思います。

飲む日焼け止めの種類

大きく分けて二種類あります。

  • ファーンブロック
  • ニュートロックスサン

「ファーンブロック」とは飲む日焼け止めの老舗の商品で一番歴史が古く、原料はシダ植物です。飲むと30分程で紫外線カット効果を発揮し始め、3~4時間効果が持続します。3時間経ってもまだ日差しが気になるようならまた再度服用する事で効果を引き伸ばす事が可能な為、とても扱いやすい飲む日焼け止めといえます。内側から防御力を高め、シミやしわなどから徹底的に肌を守ります。

「ニュートロックスサン」はスペインの大学で開発されたシトラス果実とローズマリーで作られた植物性の日焼け止めです。強力なポリフェノールの力で抗酸化作用を利用し肌を紫外線から守り、免疫力を上げます。ある程度服用し続けないと効力を発揮できない為、日差しが強くなる前から一ヶ月は服用したいところです。飲み続けることによって焼けにくく、シミやしわなどから守る働きがあります。

飲む日焼け止めって効果あるの?

確かに市販の飲む日焼け止めがどれくらい効果的かは不明な部分があります。というのも。市販のサプリは成分量を記載していない物も多く信用性にかける為、おすすめできるサプリは本当に限られている為です。

ニュートロックスサンは250mg以上摂取しないと効果が期待できません。

飲む日焼け止めを購入する際には成分量を必ず確認しましょう。

誇大広告に騙されないで

飲む日焼け止めの広告には「飲む日焼け止めさえ飲めば(塗るタイプの)日焼け止めとはおさらば!」といったような広告もありますが、これは正しくありません。確かに飲む日焼け止めを服用する事で日に焼けにくくはなると思いますが、日常での日焼けが多少防止できる程度ですので、焼きたくない方は必ず日焼け止めを必ず塗りましょう。飲む日焼け止めは通常の日焼け止めの弱点を補い、より効果を高めるサポート役です。

アレルギーなどで日焼け止めを塗れない、どうしても日焼け止めを塗るのが苦手…等の事情がない限りは飲む日焼け止めだけではなく日焼け止めも塗る事をお勧めします。

※飲む日焼け止めは日焼け止めの代わりにはならない!

飲む日焼け止めと一緒にビタミンCやLシステインを摂取する事でより焼けにくくなります。是非一緒に摂取しましょう。

信用できる飲む日焼け止めは?

「インナーパラソル」※ニュートロックスサンタイプ

ニュートロックスサンが250mg配合と高含有なのが特徴海外セレブにも愛用者が多いです!

「ホワイトドロップ」 ※ニュートロックスサンタイプ

「ポリポディウム」※ファーンブロックタイプ

ファーンブロック240mg配合(アメリカで人気のサプリ)

「ヘリオケア」※ファーンブロックタイプ

ファーンブロックといえばこちらの商品が日本でも有名です。世界中で愛される飲む日焼け止め!ファーンブロック240mg配合

「ヘリオホワイト」※ファーンブロックタイプ

レジャーの時だけちょっと飲む日焼け止めを試したい方におすすめ!

日本のロート製薬から発売されているファーンブロックタイプの飲む日焼け止めもお勧めです。アウトドアやレジャー、運動会など…どうしての野外で活動する際の助っ人として重宝です。

まとめ

以上が筆者が個人的に信用している飲む日焼け止めになります。是非参考にして頂ければ幸いです。

【おすすめ記事】

(文/美容ライターJ)

美白・美肌カテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述