一年中絶対焼かない飲む日焼け止め対策【飲む日焼け止めの代わりに〇〇が】

一年中絶対焼かない飲む日焼け止め対策【飲む日焼け止めの代わりに〇〇が】

季節関係なく紫外線対策は一年中必要です。といぅ事で今回は内側からの紫外線対策といぅ事で飲む日焼け止めにスポットを当てたいと思います。
飲む日焼け止めといえば色々な種類が発売されていて、うっかり日焼け対策としても人気がありますよね~紫外線対策はアンチエイジングには必須ですし、モデルや芸能人も取り入れてる飲む日焼け止めには興味のある方も多いですよね!

ですが実際の所本当に効果があるの?どれくらい焼けないの?など疑問も多いと思います。

大まかに市場で飲む日焼け止めとして発売されているものを説明すると、「ニュートロックスサン」「フェーンブロック」という成分が入っているものになります。
ニュートロックスサンは紫外線防御効果と肌状態改善効果が高いことで比較的最近開発された成分です。フェーンブロックは昔から使用されている成分で紫外線によるフリーラジカルの抑制やお肌の真皮にある繊維芽細胞を守ったり、DNAが傷つかないように守る効果があります。
どちらの成分にもいえることですが、焼かない為に飲むというより内側から抗酸化作用で守り肌を老化させない為に防御する目的、といったものが飲む日焼け止めの役割になります。

日焼けを緩和したり、しみシワを内側から予防・プロテクト(防衛)する目的なんです!

うっかり焼いてしまってもなかった事に…アンチエイジングの強い味方ですね!

【おすすめの飲む日焼け止め】



こちらのような飲む日焼け止めとして販売されているシリーズはお好みでお選び頂ければいいと思うのですが、実は特別に飲む日焼け止めを買わなくても紫外線対策はできてしまうんです!

紫外線UV対策として代わりになるものとして大切なキーワードは「抗酸化」「ファイトケミカル」です。抗酸化物質は紫外線から肌を守ったり、光による損傷を修復したり、飲む日焼け止めに負けない効果を発揮します。主にビタミンCやビタミンA、ビタミンE、コエンザイムQ10、アスタキサンチン酸などは日焼け予防には大変有効です。食べ物でおすすめなのは「トマト」ビタミンC、ビタミンE、リコピンが含まれており、美肌と紫外線対策には理想的です!
これはまさに食べる日焼け止めと言ってもいいくらい優秀なんです。手軽なトマトジュースなどは特におすすめです!

ファイトケミカルというのは身近なものではポリフェノールが有名です。赤ワイン等に含まれていますね。他にも大豆イソフラボンやカテキン等もポリフェノールの一種です。こちらも強力な抗酸化力があるため紫外線対策には是非取り入れたい栄養素です。お勧めは、ブルーベリー、アサイー、プルーン、納豆、緑茶などです。

ポリフェノールの一種であるルチンはしみを抑制する効果があるためおすすめです。蕎麦に含まれています。

筆者は飲む日焼け止めの代わりとしてビタミンCを摂取しています。ビタミンCは飲み日焼け止めには必ずといっていいほど配合されているんです、その上ビタミンCサプリならお安くてコスパも良い上に、強力な抗酸化作用でお肌を守ってくれる為おすすめです。飲む日焼け止めはちょっと高いな~という方や手軽に試してみたい方は是非ビタミンCサプリを紫外線対策として取り入れてみてはいかがでしょうか?

10年後の肌、きっと変わります。

【おすすめ記事】

(文/美容ライターJ)

美白・美肌カテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述