オイルが美しく若々しい肌を作る!【オイル美容のススメ】

オイルが美しく若々しい肌を作る!【オイル美容のススメ】

油と聞くと単純に体や肌に悪そう。。というイメージが拭えない部分がありますが、体や肌にとって必要な栄養素が摂れる食物のひとつが油です!体に良いとされる油はいくつかありますが、

今回は『オリーブオイル』『ココナッツオイル』『えごま油』の3つを取り上げたいと思います。

『オリーブオイル』

より良い成分を摂るなら”エクストラバージンオリーブオイル”

  • 腸に良く便秘の改善や生活習慣病予防、悪玉コレステロールも減らしてくれるオレイン酸を豊富に含んでいる。
  • ポリフェノール、ビタミンEなど抗酸化成分も含まれている。
  • オイル自体が酸化しにくいので料理や健康美容に適している。

  • エクストラバージンオリーブオイルは熱を加えずオリーブ果実を絞っただけのもの。
  • オレイン酸やポリフェノール、ビタミンを本来のオリーブオイルを実感しながら成分そのままを摂ることができる。
  • 普通のオリーブオイルやピュアオリーブオイルは精製するときに熱を加えるので成分が減ってしまう。
  • エクストラバージンオリーブオイルはそのまま生でも加熱してもOKなので、健康や美容を考えてもエクストラバージンと書いてあるオリーブオイルを選びましょう!

『ココナッツオイル

ココナッツオイルもオリーブオイル同様に”エクストラバージンココナッツオイル”

  • 近年、美容にも良いと注目される。
  • ココナッツの果肉から取れるオイル。ラウリン酸という飽和脂肪酸を多く含んでいる。
  • 植物性なのに飽和脂肪酸が多い珍しいオイル。
  • 飽和脂肪酸といってもバターなどに含まれている飽和脂肪酸とは中身が全く違う。
  • コレステロール0
  • 免疫向上・抗菌・紫外線カット・保湿効果のあるラウリン酸が豊富。
  • オイル中の中鎖脂肪酸トリグリセリド成分が体内に入るとケトン体に変化して空腹を和らげ、代謝も上げるのでダイエットにも◎。
  • ビタミンEの一種で高い抗酸化力のあるトコトリエノールも含まれていてエイジングケアに最適。

  • やはりココナッツオイルもより良い成分を摂るならエクストラバージンと書かれているものを選びましょう!
  • 白髪予防
  • 紫外線カットで日焼け止め効果。
  • 血行を良くするので料理で体の内から、マッサージオイルとして体の外から温めて冷え性にも効く。

『えごま油』

えごま油は熱に弱く酸化しやすいので非加熱、低温圧搾法で精製されているもの、箱入りかボトルが光を通さないコーティングがされているものを選びましょう!

  • αリノレン酸が豊富。
  • αリノレン酸は老化防止・うつ軽減・脳細胞活性化・アレルギー抑制してくるのでアトピー性皮膚炎にも効果あり。
  • 動脈硬化・脳梗塞予防。
  • バリア機能があり体の中から潤う。
  • 熱に弱いので非加熱の生で摂ること。
  • 必須脂肪酸であるαリノレン酸は青魚や大豆、くるみにも含まれていますが、えごま油の含有量には及びません。
  • 一般的にえごま油のαリノレン酸の含有量は約60%。
  • スプーン1杯で一日に必要なαリノレン酸が摂れます。
  • αリノレン酸は普段の食生活でも十分には摂れない栄養素であり体内でも作れないので意識的に食事で摂っていきましょう!

それぞれの油によって健康や美容にとても良い効果をもたらしてくれます。必要な油分が摂れていないと体の中から乾燥し肌や髪にも影響してしまいます。油だからと敬遠せずに自分の食生活やスキンケアに合ったものを取り入れて、美味しく楽しく潤い生活を送りましょう!

<文/Berry>

[PR]

エイジングケアエイジングケア

エイジングケアカテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述