【白髪染めはもういらない】白髪は治せる!対策・予防法

【白髪染めはもういらない】白髪は治せる!対策・予防法

ある程度の年齢になれば避けて通れない白髪。若い人でも喫煙習慣があると20代から悩む人も少なくありません。

大抵の人は染めてしまうと思いますが、根本から治すことが可能なのをご存知ですか?
今回は白髪対策についてまとめていきたいと思います。

1、白髪の原因と対策

今まで白髪は髪の毛の色(メラニン)を作るメラノサイトという部分の機能不全が原因といわれていたのですが、実は「過酸化水素」の蓄積が原因と分かって来たんです。白髪は単なる老化と思われがちですが実はこの過酸化水素という漂白剤にも使われている成分
で有名ですよね。歯のホワイトニング等…勿論それが原因ではなく、過酸化水素は日々体内で活性酸素として作られていくのだそうです。年齢と共に過酸化水素を分解する酵素が作れなくなる事で白髪となってしまうのです。
それならばこの過酸化水素を取り除いてあげれば白髪には有効なのではないかと考えられています。過酸化水素を取り除くなら「白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)」が実は有効なんです。白金ナノコロイドはどのような活性酸素にも強力に働き、体内に存在する間は強い抗酸化力を持つことでサプリメント等でも人気です。実はこの白金はUVブロック機能もあってお肌のアンチエイジングにも大変おすすめなんです。
”まずは白髪を誘発する毒素を取り除いてあげましょう!”

これ以外には「ビタミンC」も強力な抗酸化効果で過酸化水素を分解します。王道のビタミンCですね。これは美容には不可欠です。
是非取り入れてみて下さい!

2、シャンプーでの対策

実は日々のシャンプーが髪の毛に大きなダメージを与えている可能性があるのをご存知ですか?
シャンプー含まれる界面活性剤が毛根にダメージを与え健康な髪が育たなくなることが白髪のもう一つの原因とも考えられているのです。
すべての界面活性剤が悪い訳ではないのですが刺激が強過ぎ抜け毛白髪の原因に……。
毛根にダメージを与える事は白髪以外の髪のトラブルにも繋がりますからできれば避けたいですね。

シャンプーを界面活性剤フリーのものに変える

これによって10年先の髪の毛が変わるといわれています。
髪の毛のトラブルは急に出てくるものではなく蓄積されてでてくるものです。
地肌、毛根を活性化させることで髪を若々しく維持する事が可能です。
現在の悩みから先々の対策にも是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

このような界面活性剤フリーになっているシャンプーはオーガニックなものを含め沢山販売されていますので、是非取り入れてみて下さい。
大切な髪を守りましょう!

3、白髪対策の為に取りたい栄養素

銅(ミネラル)
白髪の原因のひとつにミネラルの銅の不足もあります。
ミネラル、銅をしっかり摂取するようにしましょう。


【銅が含まれる食べ物】・レバー
・ダコ
・干しエビ
・イカ
・納豆
・高野豆腐
・ココア
・アーモンド


ビオチン(ビタミンH/ビタミン7)
ビオチンは髪や肌、爪の健康には必要不可欠なビタミンでアンチエイジングにはとても重要な働きをしてくれます。
ビオチンが不足すると髪の毛に元気がなくなったり肌トラブルなども増えてしまうんです。
ですが日常的にビオチンは外的ストレスで喪失しやすい栄養素でもあります。
ビオチンがあればトラブルは怖くない!それくらい強力な味方です。
白髪が治った!という声を聞くことも多いです。

最後に

とにかく白髪の為にはストレスを貯めないことが大切です。
急に白髪増えてしまった方はまずリラックスできるようできるだけ環境を整えて休息を心がけてみて下さい。ビオチン・睡眠は特に大切です。
特にストレスなどの心当たりの無い方は以上にあげたような過酸化水素の排除や栄養不足などの対策がおすすめです。

是非参考にしてみて下さい!

(文/美容ライターJ)

ヘアケアカテゴリの最新記事

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述